浮気調査.com - 個人でできる不倫、素行調査の方法 -

HAL探偵社

HAL探偵社をオススメする理由



はじめに

浮気調査

浮気調査を行う前に、まずは恋人や配偶者(以下 ターゲット)が

 

本当に浮気をしているのかどうかを見極める必要があります。

 

浮気をしているかをしっかりと確かめず、軽い疑惑でターゲットを

 

問いつめた場合、決定的な証拠がないため、

 

相手を追い詰められず、軽くあしらわれ、結局浮気しているかどうか分からずじまいになるでしょう。

 

 

普通に考えれば、素直に浮気を認めた場合、今までの関係が崩れてしまう可能性が高いため、

 

嘘をついてごまかしたりして、浮気がばれないようにするのが一般的な心理かと思います。

 

 

そして、一度疑われればターゲットはより巧妙に浮気を隠すようになり、

 

浮気かどうかを見破るのがより困難になります。

 

 

また、相手が清廉潔白であった場合、安易に相手を疑うような行為(浮気調査)は

 

相手を傷つける原因にもなるので注意が必要です。

 

 

ターゲットにバレずに浮気調査をするにはどうしたらいいのか?

 

一番効果的なのは、その道のプロである探偵や調査会社に浮気調査を依頼することです。

 

 

ただ相手が浮気をしているかどうかが不透明な場合、

 

確実な証拠を得るために調査が長期にわたるため、調査費用が大幅にかかる恐れがあります。

 

 

そして、その結果が「白」であった場合、

 

相手の潔白と引き換えに多額の費用を支払わなければならなくなります。

 

 

また浮気調査の一般的な相場は1日数万円〜くらいはかかりますから、

 

調査会社に依頼するのは、相手の浮気がほぼ確定し、

 

裁判のために決定的な証拠が必要な場合などといった最後の詰めの段階で利用すると良いでしょう。

 

 

しかしながら、実際に一人で相手の浮気を見破るのは困難ですし、

 

探偵を雇うにも多額の費用がかかってしまうので現実的ではありません。

 

 

ですので、当サイトでは、あなたが一人で浮気の疑惑を確信へと導く

 

一人でできる浮気調査の方法を解説しています。

 

 

当サイトで紹介している方法を実践して頂ければ、ある程度の確信は得られると思いますから、

 

あくまで相手にバレないように、ご自身のできる範囲でやってみてください。

 

 

浮気調査における留意事項

 

1.「決定的な証拠が見つかるまで、相手を問い詰めない」こと

 

もしご自分で浮気調査を行い、浮気をしているという証拠を発見したとしても、

 

相手をすぐに問い詰めてはいけません。

 

なぜなら、決定的な証拠が出ていない段階で問い詰めてしまったら、相手に不信感を与えるばかりか、

 

警戒が強まって、それ以降の証拠が隠ぺいされ見つかりにくくなってしまうからです。

 

浮気の証拠を見つけた時は血が沸騰するような怒りに駆られるかもしれませんが、

 

そういった感情をぐっとこらえて、目的達成のために証拠を数多く集めることを心がけましょう。

 

その際は、プロに頼むのも一つの方法です。

 

 

2.「やりすぎない」こと

 

当サイトでは、簡単な方法から専門的な手法まで様々な浮気調査のテクニックを紹介しますが、

 

数多くの証拠を集めようと自分にできそうにないことは絶対に行わないでください。

 

浮気調査はターゲットに気付かれないことが大前提ですので、

 

無理をしてバレてしまっては本末転倒というものです。

 

浮気調査が見つかってしまうと相手を警戒させてしまい、

 

証拠が集まりにくくなってしまうので、注意が必要です。

 

 

3.「痕跡は残さない」こと

 

これは当然のことですが、浮気調査をした痕跡を残してはいけません。

 

相手の携帯電話を調べていて、戻す場所を間違えたり、

 

カメラなどを設置していてそれを発見されたりしてしまっては、すべてがそこで終わってしまいます。

 

これ以上にないくらい警戒した相手では探偵にでも頼まない限り証拠を集めるのは難しいでしょう。

 

ですので、「調べた痕跡は絶対に残さない」これはしっかり守ってくださいね。

 


HAL探偵社